TEXT言語

携帯メイルというのは、どこに行っても便利なもので、こっちでもよく使います。ただこちらの携帯は日本とは異なり、Emailのアドレスを持っているのではなく、携帯の番号同士でSMS(short message service)というテキストを送ります。携帯からパソコンにメッセージは送れないのです。日本語が書ける機種もあるようですが、私の携帯は普通のものなのでローマ字のみ。メッセージは日本人が相手でも英語で書いた方が早い時は、katakana nihonngo deha naku (←私はすごく読みにくく、苦手なのですが、他の方はどうなのでしょう?)英語で書くようにしています。が、なかなか長い文章を携帯で打つのはどこの国の人でも面倒らしく、かといってこっちの機種では(少なくとも私の機種では)日本の様に可能性の高い選択肢が出てくるわけでもない。

その代わりにテキスト言語、というものがあります。

例えば

Message は msg
Tomorrow は tmr
You は u

といった感じに略して書きます。便利ですが、知らないと受け取った時に意味がわかりません。
ちなみに次のはわかりますか?(答えは横にあるので、マーキングしてください。)

Coz  because
Plz  please
Nite  night
Gr8  great

危険なのは、この短縮形に慣れてしまうと、本当のスペルを忘れてしまい、いざきちんと書かなくてはいけない時に、ミスをしてしまうこと。便利ですが、その裏面を知っていないと恥ずかしい思いをすることになります。

私が知っているのは恐らくごく一部で、奥はもっと深く、時々若い子のFacebookを見ていると何を書いてあるのか全く理解不能なことも多々あり。言語は変化していくものだと改めて思います。携帯依存率が高い若い世代の子達の言語能力に悪影響が出る場合もある、といった研究報告も先日聞きました。

さて、話は変わり、今住んでいる建物は何かと工事が多くて毎日のようにどこかのアパートか、フロアで工事をしています。で、先日郵便受けに入っていた案内。

画像


「入り口ドアの金属を交換するから、指定日に家にいてくれ。若しくは管理人に鍵をあずけるよう」と一方的で勝手な案内なのですが、この手書きの日付をよく見て下さい。

画像


Wensday ???

もちろんWednesdayのことなのはわかりますが、これもテキスト言語なんでしょうか?それとも単なる間違い?

ロンドンの人口は先日も書いたように(参照)、約半分が移民としてのバックグラウンドを持ちます。完璧なブリティッシュアクセントの綺麗な英語を話す2世、3世もいるので、必ずしも人口の半分が他言語を母国語とする、というわけではないですが、この人口構成が言葉に及ぼす影響は少なくないと想像します。
そして先日読んだ本によると、ロンドンの社会構造はここ数年で卵型から砂時計型に変化し続けているらしいです。つまり中間層が減少し、職業の専門化に伴い上層が増加、そして同時に単純労働者も増加しているということです。当然この社会構造の変化に伴い、職業だけでなく社会生活も2分化してくるでしょう。確かにこれは改めて文献で読むと納得するが、ロンドンに来て最初に感じたことのひとつ。社会格差が東京よりも大きい。街を歩いて、人々や住居を見ているだけで感じます。
このような様々な社会構造の変化がいわゆるイギリス人が誇り高く感じている(アメリカンではなく)「ブリティッシュ英語」に及ぼす影響も少なからずあるだろう。と、1枚の案内からいろいろと考えてしまいました。
以前ドイツから一時帰国した時に祖母が「あなたは日本にいなから、日本語が変化しなくていいね」と私に言ったことがありました。言葉は時代と共に変化するもの。わかってはいても、みんなそれぞれ自分のルーツを一番理想とする形で残したいという本音もあるのだと思います。


おまけ。
日本、決勝トーナメント進出おめでとう
日曜日はイギリスVSドイツ。どっちを応援しよう・・・(悩)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック